海外旅行保険とは

海外旅行保険は、海外でおこってしまった傷害の治療や疾病医療、携行品損害などの保険金を支払ってくれるものです。でも、それだけではありません。病院の治療や入院の手続き、医師との電話通訳サービスなどが活用でき、特定疾病での治療費用を払わずに、治療できるキャッシュレス・メディカルサービスがあります。めったなことでは、海外旅行に行った先で、病気になったり、携行品を盗まれることはないだろうと思っている人がほとんどでしょう。

日本は、大変医療体制が整っており、どこの病院でも、一定水準以上の医療が、他の国と比べて安く受けられる国は他にはありません。海外へ旅行にいくとしても日本にいる時の間隔で旅するのはリスクがあります。短い旅行とはいえ、海外旅行保険を加入することをおススメします。病気や怪我などで病院に行くときは、病院に行く前に契約された保険会社の海外サポートセンターに連絡しなければなりません。そうすることで、キャッシュレスで治療を受けることのできる病院の紹介などの手配をしてくれます。ところで、多くの海外旅行者で保険に入らない方も多いのが現実です。

これは、今まで何度か 海外旅行に行ったけどなにもなかった、また、クレジットカードに付帯されている海外旅行保険で大丈夫なのだろうと考える人が多いのです。なお、せっかく旅行費を安くして旅行するのに保険にお金をかけるのはもったいないと思う人もいるようです。確かにアジア諸国は、物価が大変安いので、医療も安いと思いがちです。それはとんでもない間違いです。医療費や移送費は、高額化しているのが実状です。油断は禁物です。